サブチャンネルを作ろうかどうか思案している。- 名前を決めるまでのわたしの思考の流れと、やったこと。

こんにちは。カイノオトです。
雑記的になるのですが、以下にいろいろと記していきます。

—–

サブチャンネル的なものを作成しようと計画している。(近々開設する予定だが、チャンネル名についてはこの記事ではまだ伏せておこうと思う。)

今自分のやっているメインの活動は作詞作曲(発表しているのはまだ3曲しかないけれど)とこのブログの2つで、この2つについては「Youtube(音声+映像)」と「Web(文字+静止画)」でそもそも発信媒体が違うので、特に区別しなくても問題がないのだけど、もっとアウトプット数を増やしたい、メインとは毛色の違うものも気楽に発信したいという思いがこの頃、募ってきた。

他に何か映像媒体や音声媒体を発信したい、もっと気軽にアウトプットできる場が欲しいと漠然と思っている中で、サブチャンネル的なものを作れば発信の場と回数を自然に増やせるのではないかと思い立ち、ここ2日ほど色々思案して、一旦落ち着いたのでこの記事に諸々を落とし込んでいくことにした。

(これを表だっていうのは無粋かもしれないけれど、某バンド「RAD~」をメイン、「味噌汁’s」をサブと考えてもらえばわかりやすいかと思う。知らない方は「味噌汁’s」で検索していただけると、私の言わんとしていることがなんとなくわかると思う。)

こういうことは書かなくても、開設したときに言うくらいでちょうどいいと思う。

でも、自分の好きなアーティストとかバンドとかボカロPとかがこういう手記を残していたら自分は隅から隅まで読んでしまうタチなので、サブチャンネルを開設しようかどうか検討するに至った思考の経路のようなものをここに残しておこうと思う。半ば自分のために、そしていつかこれを読む何処かの誰か、クリエイターのためになれば幸いだ。

「Youtubeのチャンネルを開設してみたい」とか、「バンド名を決めたい」「ブログなどの自分のコンテンツに名前をつけたい」という時にも、以下に記していく考え方は参考になると思うので、興味のある方はぜひ、読みすすめてみていただきたい。

kainooto

カイノオトと申します。普段はボーカロイドでの作詞作曲をしています。

既存のYoutuberさんのサブチャンネル名について調べる

先人達の知恵にあやかることは重要だ。
まず、いろんなYoutuberさんのサブチャンネル名にどんなものがあるかを調べた。有名なものだと、(以下敬称略)
「HikakinGames」「HikakinBlog」
「はじめしゃちょーの畑」
「きまぐれクックのサボり場」
「中田敦彦のトーク- NAKATA TALKS」
「inliving. niwa」
が見つかった。

ここでの自分の気づきは、以下の4点だ。
—–
・Hikakinさんは「英語+そのチャンネルの機能」でシンプルにまとめている(活動初期には一部英語で喋る動画もみられたので、海外も視野に入れた活動をしていることが窺える。)

・はじめしゃちょーさん、きまぐれクックさんを見ると、日本市場だけでも相当な登録者数を得ることができることがわかる
(サブチャンネル名が完全に日本語の文章だけれど登録者数が多いので、このことから、サブチャンネル名を無理やり英語に統一しなくてもいいことがわかる。ただし、海外の方に見てもらうことに重きを置くのならば、チャンネル名を英語にすることは有効だと思う。)

(個人的には、英語よりも日本語の方が、日本人向けにはパッと見たときの視認性に優れていると思っているので、メインのチャンネル名を「カイノオト / kainooto」という名前にしているという経緯がある)

・自分の名前をサブチャンネル名に盛り込んでいる
(これは、「メインの活動」を宣伝したいときに検索に引っかかりすぎてしまったりして、場合によっては足かせになってしまうのでは・・・?と懸念していたけれど、
それよりも「個人」を売り出して分かりやすさを重視した方が良いということがなんとなくわかる)

・自分の活動の雰囲気に合わせたネーミングが重要である
(inliving. さんは英語の小文字でチャンネル名を統一している。これによってスタイリッシュな感じ、柔らかい雰囲気が演出されているように感じる)
—–

以上4点の気づきを元に、どういう名前がいいかを考えていく。

ひたすら「名前の案を出す+検索」を繰り返す

Youtubeを開いて、ひたすら名前の案を考えては検索窓にうち込んで、「似た名前がないか」を調べながら候補を絞っていった。

例えば、これはボツにした案なのだが、

いろいろ考えていく中で「こどもごころを常に持ちながら活動したい」という意味を込めて、「kainooto kid」(kid は「こども」を意味する)というものを思いついた。
そこで、この名前を検索窓に入れて調べてみたところ、次のように表示されてしまうことが判明した。

Youtubeでの検索結果のスクリーンショット。

…なんと、かの有名な「怪盗キッド」様がサジェストされてしまった。

このように、「次の検索結果を表示しています」で既存の有名なものが引っかかってしまうと、何かと都合が悪いので、他の案を検討する

…これを繰り返すことで、既存のコンテンツとあまり被らないような名前はどういうものかがざっくりわかるので、名前の候補を絞りこむことができる。

kainooto kidは今思うとそもそもそんなにセンスが良くないので廃案でよいのだけど、思いついたものはとにかく検索窓に入れてみて「字面が自分の好みかどうか」「他のコンテンツの検索結果に被っていないか」を調査しまくることが大事だと思う。
なお、活動を進めていく中でこのサジェスト機能は次第に自分を表示してくれるようになると思うので、そこまで深く気にしなくてもよいと言える。
今から50年くらい遡って考えてみると、例えば「サカナクション」というバンドも固有名詞も、存在しなかったのだ。


上記の流れである程度名前の候補が絞られたら、次のステップに移る。

絞られた案について、iPhoneのメモ帳に書いてみて字面を確認する

書くものはなんでもいいけれど、何かにその「チャンネル名」を書いてみて、字面が自分の好みや活動スタンスにあっているかどうか確認していく。

ここまで来た時にはだいぶ候補が絞られていると思うので、そんなに時間はかからないと思う。候補達を並べてみて、しっくりくるものを選ぶ。

しっくりこなかったら、また案出しをする。しっくり来たら、晴れて名付け終了となる。

おわりに

自分がサブチャンネルを開設しようと画策するにあたって、考えたこととやったことを記した。

ここではまだ明かさないが、しっくりくる名前を思いつくことができたので、またいつかサブチャンネルを開設した時にお知らせしようと思う。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

kainooto

カイノオトと申します。普段はボーカロイドでの作詞作曲をしています。

この記事を書いた人:kainooto