カイノオト feat.初音ミク『sepia chip city (Full)』 / kainooto feat.Hatsune Miku – sepia chip city

※1st EP『ターコイズガール』に収録。

歌詞

旅路の最中 辿り着いたここは
長閑で暖かく そして小さな街
揺らぐ木漏れ日を この身に浴びながら
夢とリアルの狭間 ふわふわしている

旅路の最中 辿り着いたここは
忙しく行き急ぐ 世を切り離してる
ふと一息 ため息をついて
モラトリアムの彼方 想っては隠す

歩いて 走って 転んで 擦りむいた
留まって 塞いで 足掻いて 燻っていたんだ
ずっと
微睡む日を 繰り返して
かさぶた 塗り替えてさ
「ねぇ、少しは強くなれたかなぁ?」

だれかが住む街で
だれも未だ見ぬ果てで
どこかで響く音
どこかで響く唄を。

いくつ傷つけて いくつ傷ついた?
いくつ失って いくつ護れたろうか

眼鏡を外す 月が霞んでく
君ごとぼやけていくようだ。

だれかが吐いた嘘
だれかが云った本当
だれかが云った何にも
揺らがぬ唄を贈ろう。

鮮やかな街 花咲く小径
芽吹いてく木々のぜんぶ、ぜんぶが
セピアになって かけらになって
記憶に溶けて また旅に出る

鮮やかな街 花咲く小径
芽吹いてく木々の全部、全部が
セピアになって かけらになって
記憶に溶けて ぜんぶ、ぜんぶ。

だれかが吐いた嘘
だれかが云った本当
だれかが云った何にも
揺らがぬ唄を贈ろう。

だれかが住む街で
だれも未だ見ぬ果てで
どこかで響く音
どこかで。

アーティスト情報:kainooto